コラム

40代中年男が好む「牛丼」について

 

 

われわれ40代中年男のおもな昼食ランキングの上位に食い込む「牛丼

この牛丼について調べてみた。

 

牛丼屋といえば、吉野家・すき家・松屋が思い浮かぶ。

 

最近、コンビニでは糖質を制限する、糖質オフフードが増えている。

 

今の日本では低糖質ブームなのかもしれない。

 

そんな中、われわれ40代中年サラリーマンが好む、がっつり食べたい時の昼飯にチョイスする牛丼屋。

 

牛丼と言えば、高カロリー高炭水化物というイメージが強い。

 

でも空腹を満たしてくれる牛丼は満足度が高い。

 

そんな牛丼にも低糖質メニューが登場した。

 

すき家の低糖質メニュー

「ロカボ牛麺」
「ロカボ牛ビビン麺」
「牛丼ライト」

 

「ロカボ牛麺」
冷・温どちらも選択可能。490円(税込み)

 

今年の4月から新たに仲間入りしたロカボ牛麺。米粉入りのこんにゃく麺を使った低カロリー。

 

糖質はたったの22gとわれわれ中年には非常にうれしい。

 

和風のつゆで、油揚げ、天かす、牛丼の肉がトッピングされたきつねうどんのような感じ。

 

糖質量は22g
炭水化物:26.6g
たんぱく質:17.9g
カロリー:384kcal

 

「ロカボ牛ビビン麺」590円(税込み)

 

冷・温どちらも選択可能。

 

ロカボ牛麺と同様にこんにゃく麺を使用。

 

こちら汁なしのいわゆる油そば的な感じ。

 

ねぎキムチと野菜、牛丼の具がトッピングされていて、別添えのコチュジャンをかけて、かき混ぜてがっつり食べるタイプ。

 

糖質量は28.5g
炭水化物:37.7g
たんぱく質:13.8g
カロリー:423kcal

 

「牛丼ライト」390円(税込み)

 

こちらはもともとあったメニューで、ダイエッター御用達とも言われる、ご飯のかわりに冷ややっこを使用したタイプ。

 

冷ややっこの上にはサラダが載っており、その上に牛丼の肉が載る非常にヘルシーなメニューにっている。栄養バランスに優れる人気の一品。

 

炭水化物:16.1g
たんぱく質:18.7g
カロリー:268kcal

 

ちなみに通常メニューの牛丼の成分量は下記の通り。

 

ミニ:炭水化物:77.9g/タンパク質:14.7g/466kcal
並盛:炭水化物:108.4g/タンパク質:20.9g/656kcal
中盛:炭水化物:99.1g/タンパク質:25.4g/695kcal
大盛:炭水化物:139.2g/タンパク質:27g/845kcal

 

松屋は定食のライスを湯豆腐にチェンジ!

松屋は5月から定食のライスを50円(税込み)追加で「さっぱり塩ダレおろし湯豆腐」に変更可能になりました。

 

これは、通常のライスと糖質量を比較した場合、炭水化物が83gも減り約94%も減らせるとの事。湯豆腐単品での注文も可能(210円税込み)

 

※イメージ図

 

吉野家は出遅れ感あり

現在、吉野家には低糖質系のメニューは見当たりません。

 

ただ、「アタマの大盛」という、ごはんに載っている肉の量は大盛で、ごはんの量は並盛というものがあります。

 

これは、炭水化物は並盛よりすこしだけ増えますが、大盛よりは少なく、また並盛では空腹を満たされない不完全燃焼気味という、40代中年男にはもってこいのメニューかもしれません。

 

成分表炭水化物

並盛:95.1g/タンパク質:19.4g/669kcal
アタマの大盛:103.8g/タンパク質:22.1g/752kcal
大盛:129.7g/タンパク質:24g/867kcal
特盛:135.5g/タンパク質:32.6g/1063kcal

 

また吉野家では通信販売限定で今年3月に発売した「サラ牛」が注目を浴びています。

 

これは、牛丼のタレに天然植物の「サラシア」に含まれる「サラシア由来サラシノール」を配合した機能性表示食品。

 

食事から摂取した糖の吸収を穏やかにし、血糖値の上昇を緩やかにするとの事。
肝心なお味は、通常の牛丼と変わらないらしい。。

 

お値段は、冷凍牛丼の具として10袋セット5,000円(税込み・送料込み)とお高め。

 

店頭販売はしていない。

 

通常のあの「吉野家」の牛丼を家庭でも食べたい・・・そういう人向けの『吉野家 冷凍牛丼の具』はこちら

 

◆2017年8月◆

先日、久々吉野家に行ったら「サラシア牛丼」が店舗メニューにあった。

並:480円

 

 

新メニュー:麦とろサラ牛御膳(並盛):680円

 

まとめ

糖質やカロリーを気にするわれわれが、牛丼を食べる時の迷いを少なくする健康メニュー。

 

少しでも糖質やカロリーを抑えたいなら、このようなメニューを選択するのも有りですね。

 

ただ、空腹時にお店に入ると食欲が勝り、ついつい大盛を頼んでしまいがちですが・・・。