【効果判定】フィンジアの効果がある人ない人。結果を出すにはどうすればいい?口コミと効果を検証!

フィンジアの効果は本物なのか?

フィンジアの育毛結果は、個人のレビューサイトや感想などをみてると、やはり効果があった人、効果がなかった人それぞれ分かれます。

当ブログでは、個人レビューサイトや口コミサイトなどからその統計をとり、どのような人にフィンジアの効果がでてるのか、またどのようなタイプの人には効果が出にくいのか?をまとめてみました。

フィンジア

フィンジアのM字ハゲへの効果

フィンジアはM字ハゲには効果がないと言われ、M字と闘う育毛剤「プランテル」がおすすめです!とネットの情報サイトによくあります。

よく調べてみるとプランテルとフィンジアは同じ会社から発売されています。

そして、プランテルに配合されているM字に効くといわれている成分「ヒオウギエキス」は、フィンジアにも配合されています。

結果、フィンジアはM字ハゲにも有効だという事です。

逆にプランテルには、キャピキシル5.0%とピディオキシジル2.0%は配合されていません。

その分、価格も安くなっています。

どちらを選ぶかはその人それぞれですので、自分に合う方を選択しより効果的な発毛に勤しんで下さい。

フィンジアが効く人効かない人

【フィンジアが効かない人】

一言で言えば「飽きっぽい人」になると思われます。

フィンジアを使って1ヶ月くらいで効果が出ないや、夜のシャンプー後にフィンジアを使用する際、頭皮のマッサージをやらずに塗布だけする人など、メーカー推奨の使い方をしっかりと理解せずに使っている人など。

【効く人】

毎日のケアを面倒くさがらずにしっかりやれる人。

特に、シャンプー時のマッサージとフィンジアを塗布した後の頭皮のマッサージは必要不可欠です。

そこを面倒だからと言ってやらないと効果も出にくくなります。

また、毎日1回しっかり継続してやれる人。

効果が表れる人をまとめると、面倒くさがりではなく、しっかりと決めた事をやり遂げられる人が効果を実感しているようです。

何で髪の毛を増やしたいのアンケート

やっぱモテたいし、ぶっちゃけ不倫したいから。

子供の学校行事に行ったら、他のお父さん達の中に薄毛の人が見当たらなかったから。

嫁や彼女から「お願いだから増毛して!」って言われた。

営業でお客さんへ訪問すると、いつも相手の目線が前頭部に集中している。

スキンヘッドにする勇気がないし、中途半端なハゲは見苦しいから。

上記のようなアンケート結果がでました。

人それぞれ悩みは違いますが、目的は一緒だったりしますね。

フィンジアの口コミ

 悪い口コミ

【悪い口コミ①】使い始めて2ヶ月経過したけど、まったく変わらない。生えてくる気配もないし、このまま続けるのはお金の無駄のような気がしてきた。とりあえず残りを使いきってから考えよう。

【悪い口コミ②】嫁に全然変わらないね。やめたら・・・と、きつい一言。一ヶ月では到底変化など求めるには早すぎるかもしれませんが、モチベーションが下がる~。

【悪い口コミ③】毎日の入浴後、欠かす事もなくフィンジアを使い始めて約3ヶ月経過しました。M字ハゲを何とかしたいと思いはじめましたが、うぶ毛すら生えてきません。継続しないといけないのは分かりますが、少しくらい変化がないと気持ちが萎えます。

 良い口コミ

【良い口コミ①】社内にもしかして自分に気があるのかな?なんて思っていた女子に、●●さん、もう少し前髪あれば私のタイプなのに残念~って言われた。それをきっかけにフィンジアをはじめて6ヶ月。頭のてっぺんから前髪にかけてようやく頭皮が目立ちにくくなってきました。このままやり続けて告るぞ!

【良い口コミ②】はじめたころは、本当に効くのか?正直信用していなかったけど、毎日継続して3カ月目、あきらかに髪が増えてきたように感じました。
毎朝の髪をセットする時に、あきらかにセットしやすくなった。やはり継続は力なりだと思う!

雑誌でもフィンジアの効果が特集されていました。

フィンジアのメリット&デメリット

デメリット

  • フィンジアの臭いが独特。
  • 効果がなかなか表れない。
  • ネットでしか購入できない。
  • M字ハゲには期待できない。

 メリット

  • 返金保証が30日間ある。
  • キャピキシル5%配合育毛剤中一番安価。
  • スプレー式で使いやすい
  • べたつきがなく爽快感がある
  • 購入秘密の厳守

フィンジアは医薬品ではない

医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)で定められた3つの分類(化粧品、医薬部外品、医薬品)でその種類が分かれています。ここで、医薬品と医薬部外品、化粧品の分類を明確にしておきましょう。

【医薬品とは】厚生労働省が認めた成分を配合しているもので、高い効果が期待できる反面、副作用の心配があります。育毛剤でいうとリアップやミノタブなどがあります。

【医薬部外品とは】薬機法に基づいた一定の成分含量で、厚生労働省が認めた成分になります。高い効果と安全性が期待できます。育毛剤でいうとチャップアップなどがあります。

【化粧品とは】薬機法では、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。と定義付けられています。

また、新しい成分など、まだ厚生労働省の認可されていないけど、効果が分かっているものなどがあります。

フィンジアでいうキャピキシルがそれにあたります。なのでこのような新しい成分が含まれていると、化粧品の位置づけになります。

従って、フィンジアは化粧品に分類されます。

フィンジアの全成分をチェック

フィンジアに含まれているキャピキシル5.0%が過剰に分泌される「男らしさ」に働きかけ、ピディオキシジルを2.0%で、頭皮のコンディションを整えます。これは副作用を極力おさえた処方になるところが嬉しいです。

唐辛子に含まれている「カプサイシン」によって、毛穴を開いた状態にすることにより、キャピキシル5.0%とピディオキシジル2.0%を毛穴の奥まで届かせます→ゲートアクセス理論。

・毛髪の成長成分10種類(センブリ、バンテノール、ボタン、ビワ葉、フユボダイジュ花、褐藻、グリチルリチン酸2K、ヒオウギ、キハダ樹皮、ヒキオコシ)を配合し、それらを根幹へ届かせ、働かせるフィンジアのSPEテクノロジーが効果を発揮します!

フィンジアの特徴

・ゲートアクセス理論
・SPEテクノロジー

SPEテクノロジーとは

①カプサイシンにより頭皮を柔らかくし成分の浸透を高めます

 ↓

②毛髪成分が浸透し、ハゲた原因へアプローチ

 ↓

③キャピキシル5.0%とピディオキシジル2.0%、12種類の和漢成分により発毛が活発化されます。

フィンジアの使用方法・使用量

1本50ml入りのフィンジアの使用の目安は、約1ヶ月と公式サイトに記載があります。

1日●回●プッシュ!のようなメーカー推奨はないようです。

重要なのは、シャンプーの時に、頭皮のマッサージをやりながらしっかりと洗い、すすいだ後に髪を良く乾かします。

その後、気になる部位にフィンジアを1~2プッシュし再度よく頭皮マッサージを行います。

この繰り返しそ毎日欠かさず継続する事がポイントになります。

フィンジアの購入方法は?

フィンジアの購入は、現時点では公式サイトのみ販売しています。

フィンジアは、1本で約一ヶ月分の使用量になります。

例えば単品購入の場合、税込み12,800円+送料640円になりますが、一番人気の定期購入にしておけば税込み9,980円で送料無料になります。

他の商品のように定期コースの縛り(3回目以降解約可等)がなく、一回でも中止休止がOKです!

フィンジアを購入するなら公式サイトの定期お届けコースが一番お得です。

 

フィンジアの販売会社は怪しくないの?

フィンジアを販売している会社は「株式会社ユーピーエス」という会社で、福岡県福岡市中央区にあります。

設立から10年経過する安定した育毛業界の一企業です。

フィンジアの他に、M字と闘う育毛剤「プランテル」も取り扱っている育毛業界のエキスパートですね。

フィンジアにしてもプランテルにしても、長年培ってきたノウハウを生かした製品なので、自信をもって勧める会社として全額返金保証制度を取り入れています。

たまたま見つけた「発毛ライフ.com」というブログで「ユーピーエス・ FINJIA (フィンジア)育毛剤工場見学編 第二回~工場内部に潜入!!~」という記事がありました。

ここでは原料から製造工程などを公開していました。

滅多に見る事ができない育毛剤の工場内部など、消費者側に安心を与えるられる内容になっていました。

株式会社ユーピーエスは、地域の社会貢献活動などにも積極的に参加している優良企業でしたので安心、信頼のおける会社です。

フィンジアのまとめ

ここまでフィンジアについて色々お伝えしてきましたが、結論から言うとフィンジアは「買い」です!

キャピキシルが配合されている他の育毛剤を見ても、価格はダントツで安いです。

それと、キャピキシル+ピディオキシジル配合による効果の期待と、この価格はフィンジアが一番です。

マイナーな価格だけ安い育毛剤に手をだして後悔するなら、初めからフィンジアを選んでおいた方が失敗はないはずです。

▼フィンジア公式サイトはここをタップ▼

フィンジア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする