ハンバーガー

ハンバーガー比較・40代中年男が悩むハンバーガーメニュー

40代中年男が悩むハンバーガーメニューはさまざまだ。

 

なぜなら、ハンバーガーのカロリーと糖質が気になってしょうがないからだ。

 

特に糖尿病やコレステロール値、中性脂肪値など健康診断で基準値をオーバーしているおっさんはかなり多いはず。

 

そんな中、家族と出かけた昼に子供にせがまれてハンバーガーを食べるなんて光景はよくある話し。

 

そこで、各ショップのハンバーガーの糖質量、たんぱく質量、カロリーを掲載しました。

 

今後の参考にしてみて下さい。

・マクドナルド

マック(マクド?)といえば、100円マックでおなじみのハンバーガー。

 

このハンバーガー価格が安いのはいい事だが、糖質は約29gと40代中年男たちを悩ませる。

 

※イメージ図

 

他のメニューも糖質量は軒並み30g代と結構お高め。そこで価格はUPするが、一番糖質量がすくないハンバーガーを比較した結果が「ベーコンレタスバーガー」だった。

 

ベーコンレタスバーガーの名前の通り、レタスの名が入るくらいなので、その分糖質が減るのかもしれませんね。

 

▼マクドナルドのハンバーガー比較表▼

・モスバーガー

※イメージ図

モスバーガーの珍しいハンバーガーとして、バンズの代わりにレタスで包んだ異色のバーガー。

 

その名も「モスの菜摘モス野菜」が発売されている。

 

こちら、糖質を気にするお父さんたちから注目を集めている。レタスで具材を包んだため糖質量は9.6gと非常に少ない。

 

しかも肉の代わりに「ソイパテ」という、大豆由来の植物性たんぱく質を使ったものにも変更可能。

 

▼モスバーガーのハンバーガー比較表▼

・ロッテリア

ロッテリアの看板メニューは根強い人気の「エビバーガー」。

 

最近では「絶品チーズバーガー」の人気でロッテリアは今この二つが2枚看板になっている。

 

この二つのハンバーガー、意外にも炭水化物が少なめ。

 

お腹が減っている40代中年男のぽっこりお腹を満たすには、やはり「リブサンドポーク」あたりをチョイスしたいところ。

 

▼ロッテリアのハンバーガー比較表▼

・フレッシュネスバーガー

50円追加で低糖質バンズに変更可能!通常の約半分の糖質量になる。

 

これは、小麦粉の一部を食物繊維に置き換えることによって、バンズ自体の糖質を14.7gにまで抑えている。

 

40代中年男にとってはうれしいオプションになりますね。

 

▼フレッシュネスバーガーのハンバーガー比較表▼

・ハンバーガー比較のまとめ

マクドナルド・ロッテリアには低糖質メニューはないものの、レギュラーメニューの中には、糖質量が30gをしたまわるハンバーガーが多数存在している。

 

モスバーガーには、「モスの菜摘モス野菜」という、低糖質低カロリーの商品がある。

 

しかもパティを通常のものからソイパティへ変更すると、さらに50kcal減らすことができるが糖質は4gUPする。

 

フレッシュネスバーガーは、50円(税別)追加で、バンズを低糖質バンズに変更することができ、糖質量が13.6g現象する。

・総 評

カロリーや糖質でメニューをなやんでいるなら、モスバーガーかフレッシュネスバーガーにいく事をおすすめします!