日焼け止め

美白は男も必要!日焼け後の肌は早めのアフターケアを。

 

日焼け後の肌は軽い火傷状態になっています。

 

紫外線による光老化を抑える対処法と予防は女性だけではありません。

 

40代の中年おじさんなら尚更必要です。

 

・肌のほてりを抑えるケア

 

外回りの営業や現場仕事などで、日中、外で過ごしていて帰宅後に肌がうっすらと赤くなっていることに気づく事って結構ありますよね。

 

火ぶくれ(サンバーン)などを起こしていなければ、タオルに氷をくるんだものなどで日焼けして赤くなっている部分にあて、ほてりが治まるまで冷やすことをオススメします。

 

もし、肌に痛みやつっぱる感じがした場合、皮膚科を受診することが重要です。

 

診療時間外など医療機関を受診できない時などは、自宅にあるワセリンをガーゼにたっぷりのばして貼るだけでも良いですょ。

 

日焼けによる肌の乾燥を和らげる対策としては、入浴時はぬるめのシャワーだけにしておいて、乳液やボディローションなどでの保湿が効果的です。

 

日焼け直後や早めの段階であれば、ビタミンC誘導体配合の化粧水で肌をケアすることで、若干ですがシミの発生を抑えることができます。

 

ここで重要なのが、一度日焼けした肌は、元の状態に戻すことはできないという事をです。

 

・シミができてしまったら消せないの?

日焼け後の肌ケアってすごく難しい。だから紫外線を甘くみてはいけないのです。

 

よく夏に日焼けした黒い肌が、冬になったら肌が白くなって戻った。という感覚にとらわれますが、それはただそう見えるだけで、元の状態には戻っていません。

 

実は肌の奥には紫外線の記憶がしっかりと刻まれているのです。

 

ただ、うっすらと見えるような初期段階のシミの場合は、美白成分を配合する美白化粧品を使ってケアすることも有効です。

 

化粧品なんておっさんに必要ないと思いがちですが、ここでしっかりとケアしておかないと、将来よく見かける頑固ジジィのようなシミだらけの顔になっていましますから注意が必要です。

 

・美白化粧品は中年男も必要

 

美白化粧品なんて縁がなかった中年男性も多いはず。

 

ここでしっかり美白化粧品の事を知って、シミシワ対策をしましょう。

 

美白化粧品には、メラノサイトという成分がメラニン色素を減らす働きがあります。

 

ただ、すでにメラニン色素が肌にある場合は、それを分解する事は出来ません。

 

なので「これシミじゃね?」みたいなシミを発見した段階で美白化粧品を使用しても遅いです。

 

美白化粧品は、あくまでもシミの予防として使うものなので、屋外での仕事や過ごす機会が多い人は、美白化粧品は普段使いしておく必要があります。

 

・美白成分あれこれ

美白成分はさまざまです。下記に列挙してみます。

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタエキス

こういうものを合わせて定期的にピーリング(別ページでご紹介)を行うことで、日頃から肌に蓄積されるメラニン色素の沈着を防ぐことができます。

 

・あえて日焼けするなら肌老化の覚悟が必要

よく黒い顔の男性を見かけます。健康的でかっこいいって感じがします。

 

しかし、日焼けをすれば肌は確実に老化します。

 

それでも小麦色の肌にしたい!といって黒く焼きたいのであれば、SPF値の低い日焼け止めを使い、少しずつ日焼けをしていく方法がいいでしょう。

 

以上のことから、日焼けをする場合は、上記のような代償を覚悟したうえで行う必要がありますね。