日焼け止め

UV対策で紫外線から守る中年の男のダメージ肌

 

全方位から降り注ぐ強烈な紫外線

 

・紫外線の種類

紫外線はA波・B波・C波に分けられ、我々が暮らしている地上に届くのはA波とB波になり、C波はほとんど届きません。

 

このA波とB波のうち、強いエネルギーで短い時間で肌に炎症をおこすのはB波になります。

 

一方のA波は、エネルギー自体はそんなに強くはないのですが、じわじわと肌の奥まで侵入して肌老化を引き起こします。

 

またA波には、ガラス窓を通過する性質があるため、運転中の車の中や部屋の中でも、紫外線の攻撃を受ける事になります。

 

特に屋外ではその威力がさらに増し、地表面に反射した反射光や、空中でさまざまな方向に広がる拡散光など、四方八方からの紫外線が降り注いできます。

 

紫外線は、天気の良い日だけ降り注ぐと思いがちですが、実は曇りの日や真冬の日でも、365日1年中、常に生じているのです。

 

・紫外線A波(UVA)とは

 

紫外線A波(UVA)は、長波紫外線とも呼ばれ、全紫外線の90%以上を占めます。

 

雲やガラスを通過し、人間の肌の奥の真皮まで到達することで、シミやシワの原因となります。

 

要注意の紫外線です。

 

・紫外線B波(UVB)とは

紫外線B波(UVB)は、短紫外線とも呼ばれ、火ぶくれになるようなサンバーンを起こしますほどエネルギーが強い紫外線になります。

 

雲などに遮られるため、肌の真皮までは到達しません。

 

・シミ・シワ・たるみ等の肌老化促進は紫外線が原因

 

紫外線を浴びることで生じる肌の老化を「光老化」といいます。その由来は、肌老化の6割以上が紫外線によるものと考えられているためです。

 

例えばシミの場合、紫外線を浴びることで肌の表皮の基底層ににある、メラノサイトという組織が活性化します。

 

そうするとメラニン色素が大量に生成され、さらに進行していく事でメラノサイト が増加し、やがてそれが肌にシミとして表れます。

 

また、紫外線A波(UVA)が肌の表皮の奥にある真皮に到達すると、コラーゲン繊維やエラスチン繊維(肌の弾力性を保つもの)がダメージを受けることで、シワやたるみの原因になります。

 

日々積み重ねられたこうした現象が、肌老化の原因になっています。

 

40代中年男性の男磨きとして、今以上の肌老化を加速させないためにも、毎日のスキンケアに新たなUVケアを取り入れる事をおすすめします。

 

【シワができるしくみ】
紫外線が肌の中でコラーゲンを破壊する酵素を生み出し、コラーゲン繊維を衰えさせます。

 

日差しを2分間浴びただけで酵素が発生します。

 

【シミができるしくみ】
表皮に紫外線があたると基底層のメラノサイトでメラニン色素が生成され、さらに紫外線への刺激が繰り返されることにより、メラノサイトの数が増えその結果、シミができます。

 

・効果的なUVケアの方法

UVケアは一年中行わないとあまり効果を発揮できません。

 

前項で説明した通り、曇りの日でも真冬でも紫外線は降り注いでいるからです。

 

ここでは、紫外線の強さやその環境に合わせて最適な方法をご説明しています。

 

・デイリーケア

 

肌が白くならない紫外線吸収剤をこまめに塗布します。

 

よく海水浴などで目にする白くなる日焼け止めは、塗ったところが真っ白になりますよね。

 

しかし、日常の生活においてはおすすめできません。

 

デイリーユースとしておすすめする日焼け止めは、肌につけても白くならないジェルやローションなどの紫外線吸収剤が良いでしょう。

 

ただ、肌が弱い人は注意が必要です。肌が弱い場合は「ノンケミカル」や「吸収剤フリー」の表記がある紫外線散乱剤が安心できます。

 

デイリーケアに適している表記としては、SPF10~20、PA++程度がおすすめです。

 

額・頬骨などの高い位置をしっかりカバー

男性の場合、額から日焼けしやすいので、日焼け止めを重ね塗りしてしっかりガードするようにします。

 

また、頬骨など比較的高い位置にある部位は、紫外線があたりやすいので日焼け止めを厚めに塗ってケアします。

 

眼の保護も忘れずに!

紫外線は眼にも悪影響を及ぼします。白内障やドライアイなどの原因にもなりますので、目の保護には紫外線遮断効果の高いサングラスの着用がおすすめです。

 

塗り直しは2時間ごとに。
長時間外出の場合、日焼け止めを2時間おきに塗り直しましょう。

汗をかいたり顔を拭いたりした場合、日焼け止めは取れてしまいますので、その都度塗り直しが必要になります。

 

・SPFとは?

 

SPF=Sun Protection Factor の略。

UVB波をカットする力を示します。

 

日焼け止めなどを肌に何も塗らない状態から、肌が赤くなってヒリヒリする状態(サンバーン)までの時間を、何倍延ばせるか?の目安で、SPF2~50までの数値で表示されます。

 

SPF50以上のものは、すべて50+ と表示されます。

 

・PAとは?

PA=Protection Grade of UVAの略。

 

UVA波をカットする力を示す。

 

UVA波を受けて、肌が黒くなるまでの時間(即時型黒化)を、何倍に延ばせるか?の目安で、+~+++の3段階表示されます。

 

【+】やや効果がある。
【++】効果がある。
【+++】非常に効果がある。

以上の内容を示します。

 

・スペシャルケア

 

夏真っ盛りの時期には海水浴の海辺でのレジャーを楽しみますが、そういう場所やリゾート地など特に強い紫外線にさらされるところでは、スペシャルなUV対策を心がけたいですね。

 

日焼け止めは、汗や皮脂に強いノンケミカルの紫外線散乱剤が最適!SPF50、PA+++の最強効果を発揮するものを選びたいですね。

 

また、肌が弱めの人は、SPF30、PA+++程度のものをチョイスして、全身をしっかりとスペシャルなケアをしましょう!

 

ノンケミカルの日焼け止めは、汗や水に強い効果を発揮しますが、プールや海水浴のあとは塗り直した方が安心ですね。

 

まあ、濡れた体や汗をタオルで拭いたあとも、同様に塗り直した方が良いですょ。

 

ウォータープルーフの日焼け止めには、クレンジングが必要なものもあります。

 

洗い流す際は、クレンジング剤の使用記載がある商品は表示通りにし、洗いすぎは肌を乾燥させてしまうので注意が必要です。