40代中年男の副業①「株」IPO投資編

 

2017年後半がスタートした7月。

40代中年男の収入の悩みを可決すべく、今からはじめても十分間に合う副業。

「ライブスター証券のIPO投資」を始めてみては如何でしょか?

・副収入を得やすい株投資が人気

 

株投資は、副収入を得やすい方法としてサラリーマンから根強い人気を誇っている。

 

しかし、こんな悩みを抱える人もいる。

 

「銘柄選定がわからない」 「売買する時間が足りない」など。

 

そんな理由から、やりたいと思いながらもまだ始められない人が多いようです。

 

・おすすめはIPO(新規公開株)

そんな人におすすめなのが、株式市場に新規上場する「IPO(新規公開株)」で副収入を得る手段です。

 

上場する前に投資家の需要調査があるIPOは、購入価格(公募価格)が事前に決定されます。

 

需要調査で投資家が選択できる価格には上限が設けられていますが、誰でも公募価格で購入はできません。

 

ここがミソですが、取扱証券会社での抽選になるため、上場後に抽選にもれた人気のIPOは、投資家から買いが殺到して公募価格の数倍まで株価が上昇するような事もあり得ます。

 

この場合のメリットは、購入価格が決まっているため、シンプルな内容で売買益を狙いやすいといえますね。

 

2017年1月~4月にかけて31の銘柄が東証に新規上場しました。

 

そのうち27銘柄の初値(新規上場後の株価)が、公募価格を上回りました。

 

ここで売却もありますが、上昇が期待出来ればそのまま持ち続けるのもありです。

 

IPOは、数が限られているので、忙しいサラリーマンでもリサーチに時間がかからず、無理なく始められますね。

 

・IPOを始める場合の有利な証券会社とは?

IPO投資は本業(会社)と並行して、無理なく取り組める事で注目されています。

 

では、そんなIPO投資を始めるのにあたり、有利な証券会社はどこになるのでしょうか?

 

まず、以下の3つの条件を備えている事が前提になります。

 

①前受金不要
多くの証券会社では、IPO申込時に必要な事前資金として、前受金制度を設けています。

 

②購入時手数料無料
当選したIPO銘柄を購入する際の手数料は無料。

また保有後の売却に際しても、手数料を抑えてある(安価)証券会社をおすすめします。

 

③完全平等抽選
証券会社によっては、上顧客が当選しやすいなどの偏りがあり、初心者的には不公平感が否めません。

 

すべてのユーザーを対象に、機械的なランダム抽選により平等な当選の機会を与えてくれる証券会社を選びます。

 

以上のことから上記3つの条件が揃っている証券会社は「ライブスター証券」になります。

 

・おすすめは3拍子揃ったライブスター証券

ライブスター証券は 「前受金不要」 「購入時手数料無料」 「完全平等抽選」と3つの条件をクリアしています。

 

また申込期間中は24時間応募ができるなど、自分の都合に合わせて申し込みができるところも良いですね。

 

2017年後半も新規上場の噂は多く耳に入ってきますので、それに備えて今から準備しておけば十分間に合います。

 

夏のボーナス少なかった~なんて言ってる40代中年リーマンも多いはず。

 

その少ないボーナスからIPO用に少しストックしておいて、今年の後半からライブスター証券をでIPOを始めてみては如何でしょうか?

 

株式投資等は株価等の変動により、投資した元本割れのリスクがあります。そこをしっかり理解してから、ご自身の判断と責任において取り組まれてください。