泌尿器系

泌尿器科系異常の悩みを解消

 

 

泌尿器科の悩みはさまざまです。

頻尿や夜間尿、前立腺がんや膀胱がん、尿管結石やEDなどなど。

 

とくに男性の場合の前立腺がんは、他の臓器に比べると高い罹患率になります。

 

また、排尿トラブルは、動脈硬化の前兆だったりしますので注意が必要です。

 

前立腺になりにく大豆で動脈硬化を予防

大豆に含まれているイソフラボンは有名な成分です。

 

この成分が女性ホルモンに近い物質を多く含んでいることから、 血管を柔らかくする効果が期待できます。

 

動脈硬化の場合、血管壁が厚く硬くなってしまい、また腎臓の血管が動脈効果を起こせば 腎硬化症となり、慢性腎不全に至ってしまうというリスクがあります。

 

日頃より大豆を食べてイソフラボン摂取に心がけることをおすすめします。

 

毎日の排尿排便から膀胱がんをチェック

40代中年男性が気をつけたい「膀胱がん」の初期症状は血尿です。

 

一度血尿が出て、その後治まり痛みもないことから、そのまま放置しておくと膀胱がんになる可能性が高くなります。

 

そうした場合は早急に病院を受診して検査を受けましょう。

 

とにかく40代中年になり血尿がでたらすぐ病院へ。

 

最近突然おしっこに行きたくなる!

CMなどでよく耳にする「過活動膀胱(OAB)」とは、突然尿意をもようしたり、急な尿意を我慢しきれずに漏らしてしまう などの症状がある病気です。

 

1日8回以上の排尿や夜間の尿意など、加齢も原因の一つですが、このような尿意切迫感に悩む40代中年男性は、早めに泌尿器科の受診をおすすめします。

 

また、頻尿や夜間尿に悩む場合、下腹部を冷やさないように温めて、腹巻などをして寝る事で排尿の回数を減らすことができる場合があります。

 

最近アレの元気がない。朝も全然ダメだ

そんな人は勃起不全(ED)の可能性が・・・。

 

勃起不全の原因は加齢の他に、糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を起因とする場合があります。

 

また、動脈硬化が進行すると、陰茎への血流が低下し「起ち」が悪くなったりしますので注意が必要です。

 

それとは別に、勃起不全にはメンタル(心因)的な原因で起こる場合もあります。

 

精神的なプレッシャーが要因の場合もあります。

 

悩みもなく動脈硬化もない場合、医師に相談してバイアグラを使用して性交渉などに使用すれば、問題は解決できたりしますね。

 

高齢の場合、座りっぱなし深酒はNG!

よく高齢者の方はバス旅行などされますが、長距離バスなどで長時間座りっぱなしだと、血流が滞って膀胱によくありません。

 

またお酒は利尿作用があるので、排尿しにくい場所などで我慢してしまうと膀胱の働きにも影響します。

 

サービスエリアなどの休憩時に、体を動かしトイレには必ず行くようにしまょう。

 

 

中年の男の気力UP!で動脈硬化を予防しよう

我々40代中年男の弱った泌尿器系を元気にするには、玉ねぎのスライスサラダを食べる事です。

 

タマネギには男性ホルモンの値を少し上げるてくれる成分が含まれています。

 

動脈硬化の予防にもなるし、男性の気力もUPするので一石二鳥だったりします!

 

またタマネギには、血液サラサラ効果があることは有名な話しですね。

 

ただ、タマネギを長時間感熱してしまうと男性ホルモンの分泌能力を活性化させるアリイン類という成分が 分解されてしまうため、極力スライスサラダで食べるのが良いそうです。