腎機能が気になる【健康診断結果】尿蛋白・尿潜血・血清クレアチニンの異常値とは?

健康診断の結果で腎機能の異常値があったあなた。放置していると慢性腎臓病(CKD)等に悪化すると人工透析など取り返しのつかない事になります!まずは、下記の表とあなたの数値を比較してください。

あなたの検査数値は?

基準範囲 保健指導(生活習慣改善) 医療機関へ
尿たんぱく(参考値) 陰性(-)  ** 再検査 弱陽性(±) 即受診 陽性(+/2+/3+)
尿酸(UA)(mg/dL) 1.5~7.0 7.1~7.9 生活改善で数値が改善しなければ受診 8.0以上 ただちに受診 1.5未満

異常なし 軽度異常 要経過観察・生活改善 要治療・要精密検査
尿潜血反応 (-) (±)  (+) (++)

以上

血清クレアチニン   <酵素法>(mg/dL) ~1.00 1.01~1.09 1.10~1.29 1.30~
~0.70 0.71~0.79 0.80~0.99 1.00~

そもそも腎臓とは?

腎臓は、握りこぶしくらいの大きさで、そら豆のような形をしていて左右に1つずつあります。

血液をきれいな状態に保つためのろ過装置をもつ、体内の浄化工場のようなものです。

そこでは、糸球体という毛細血管が糸くずのように詰まった直径0.2ミリ程度のかたまりが、腎臓1つに約100万個もあり、これがフィルターの役割をしています。

全身から送らて来た血液をろ過し、水分と老廃物に分け、必要なものは再吸収して体内へ蓄積する働きがあります。

尿蛋白・尿潜血・血清クレアチニンとは?

尿蛋白

尿中のたんぱくの有無を調べます。腎臓や尿細管の病気(糸球体腎炎・ネフローゼ症候群)や糖尿病などで陽性になります。基準値は(-)です。

尿潜血

尿中に混じるごく微量の血液の有無を調べます。腎炎・尿道炎・尿路結石・膀胱炎などで陽性になります。基準値は(-)です。

血清クレアチニン

クレアチニンは腎臓から排泄されるので、腎機能の指標となります。従って腎機能の状態を調べます。高値は腎機能障害の疑いがあります。基準値は男性1.00mg/dL以下。女性は0.70mg/dL以下。

慢性腎臓病(CKD)とは?

CKD(Chronic Kidney Disease)は、慢性的に経過する全ての腎臓病の事を言います。

腎臓内部にある糸球体が炎症を起こし、血液を十分にろ過できなくなった状態を言います。

症状

  • 夜間に何度もトイレに起きる
  • 靴や指輪等がむくみできつくなる
  • 立ちくらみや貧血がおこる
  • 倦怠感:疲れやすく常にだるい
  • 少し歩いただけで息切れする

上記のような自覚症状が現れた時は、CKDを疑います。

原 因

  1. 肥満
  2. 糖尿病
  3. 高血圧
  4. 脂質異常症

上記が原因でCKDに移行し、腎機能が低下します。

→①動脈硬化が進行→脳卒中・心臓病など

→②末期腎不全→透析治療へ移行します

腎臓の病気を予防・改善のポイント

栄養バランスのポイント

外食の塩分

飲酒

減塩の工夫

タバコ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする