肝機能【健康診断結果】異常値が気になるあなた、脂肪肝には要注意です

健康診断で肝機能に異常値があったら要注意です。

あなたの肝機能の検査数値は?

基準範囲 保健指導(生活習慣改善) 医療機関へ
AST(GOT)(U/L) 31未満 31以上 51以上
ALT(GPT)(U/L) 31未満 31以上 51以上
γ-GT(γ-GTP)(U/L) 51未満 51以上 101以上

GOT/GPT/γ-GTPは、肝細胞に多く含まれる酵素で、肝臓に障害が起こると血液中に流れ出し、値が高くなります。特にγ-GTPは、アルコール性肝障害で数値が高くなります。なお、GOT(AST)は心筋にも多く含まれます。

AST(GOT):肝臓に多く含まれるGOT(AST)やGPT(ALT)の値から肝疾患の有無を調べます。

ALT(GPT):GOTは心筋、骨格筋の障害でも上昇することがあります。

γ-GT(γ-GTP):アルコール性肝障害の発見に有効です。飲酒歴のない場合には、胆汁の流れが障害されていないか薬を飲んでいないか更に詳しい検査が必要です。

脂肪肝に要注意!

肝機能で異常値があった場合、脂肪肝に注意しなければなりません。 脂肪肝は、肝細胞の30%に中性脂肪がたまった状態をいいます。

肝機能が低下し肝硬変、肝ガンに進行する事もあるので要注意です。

脂肪肝のタイプと原因とは?

  • アルコール性脂肪肝(AFL):アルコールの飲みすぎ
  • 非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD):食べ過ぎ・肥満・運動不足など

【肝細胞が破壊される】

  • アルコール性肝炎(ASH)
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

【炎症・線維化】

肝硬変・肝がん

肝臓の役割

肝臓は、栄養素などを分解・代謝する科学工場です。腸から吸収された栄養分は血液によって運ばれます。

食べ過ぎ(タンパク質、脂質、糖質)、飲みすぎ(アルコール、薬物など)による肝臓の処理力以上のエネルギーは、中性脂肪に変えられ肝臓に貯蔵されます。

また、解毒、合成などが行われ排泄します。

B型・C型肝炎ウィルス検査も必須

肝炎の原因はアルコールや薬物などその原因はさまざまあります。

しかし、日本国内においては「肝炎ウィルス」の感染による「ウィルス感染」が約8割をしめているという驚きの実態があります。

特にB型・C型肝炎は、国内最大級の感染症とも言われています。

それを放置すると慢性肝炎や肝硬変、肝がんにまで進行してしまう事もあり、特に肝がんの約8割がC型肝炎、約1割がB型肝炎から進行したものです。

肝臓の病気を予防・改善のポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする