中性脂肪・HDL・LDLコレステロール【健康診断結果】異常値なあなたは脂質異常症に注意が必要!

健康診断の結果で、中性脂肪・HDL・LDLコレステロールに異常値があったあなたは、脂質異常症に注意が必要です。

あなたの検査数値はいくつ?

基準範囲 保健指導(生活習慣改善) 医療機関へ
生活習慣を見直しても改善しない特は受診 すぐに受診
中性脂肪(mg/dL) 150未満 150以上 300以上 1000以上
HDLコレステロール(mg/dL) 40以上 40未満 34以下
LDLコレステロール(mg/dL) 120未満 120以上 140以上 180以上

中性脂肪とは?

人間の体を動かすエネルギー源のひとつで、「トリグリセリド(トリアシルグリセロール)」とも呼ばれています。

簡単に言えば、食物に含まれる脂質が小腸で吸収され血液中に入り、残った脂質が蓄えられたものが中性脂肪です。

中性脂肪は糖分(主食・アルコール・甘いもの)の摂り過ぎや運動不足で増加し、悪玉LDLコレステロールを増やすため動脈硬化の原因となります。

コレステロールとは?

「コレステロール」は、細胞やホルモンをつくる材料として、体に不可欠な栄養素だったりします。

LDLコレステロール:別名「悪玉コレステロール」と言われていますが、肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ役割があります。

その一方で、血管の壁に蓄積しやすいことこら動脈硬化を起こし、脳梗塞や心臓病の原因になったりもします。


HDLコレステロール:
別名「善玉コレステロール」は、血管に溜まった悪玉のLDLコレステロールを肝臓に持ち帰る働きがあるため「善玉」と呼ばれています。

中性脂肪とコレステロールの働き

中性脂肪は身体を動かすエネルギー現。コレステロールは細胞膜、ホルモンなどをつくる原料となります。

●肝 臓(LDLコレステロールの生成)

LDLコレステロールが全身に運ばれる

動脈内で中性脂肪が増えすぎるとLDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らして動脈硬化を進行させてしまう

HDLコレステロールは肝臓に戻る。

脂質異常症とは?

脂質異常は、LDLコレステロールや中性脂肪が異常に多い、またはHDLコレステロールが異常に少ない状態の事です。

また、この状態が続くと血管内に脂肪などが溜まる動脈硬化が進行し、血管が詰まりやすくなって心筋梗塞などを招く可能性があります。

脂質異常症の原因

  • 肥満
  • 暴飲暴食
  • 運動不足
  • 遺伝など

上記の原因から中性脂肪が増えると、HDLコレステロール(善玉)が減り、LDLコレステロール(悪玉)が増える。

その結果、余分なLDLコレステロールが血管壁に入り込んで動脈硬化が進行します。

そして脳卒中や心臓病につながります。

脂肪の種類に要注意!

普段、食事をするときに使われる脂肪には様々な種類があります。

特に、肉の脂やバターなど動物性脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」には、血液中のコレステロールを増やす作用があるので、摂取のし過ぎは禁物です。

また、サラダ油や種実の油などの食物性の脂肪や魚に含まれる「不飽和脂肪酸」には、コレステロールを減らす作用がありますが、大量に摂取してしまうとHDLコレステロール(善玉)まで減らしてしまう恐れがありますので、程よく摂取することが肝心です。

脂質異常の予防・改善のためのポイント

効率的に消費エネルギーを増やす運動のポイント

食生活改善

外食のカロリー・脂質

飲酒

タバコ

栄養バランスのポイントはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする