お金・副業

ビットコイン(仮想通貨)を素人が初めても大丈夫なのか?

最近なにかと話題のビットコイン。なんだか怪しそうだし、よくわかんねぇ~ッ・・と言うのが自分のビットコインに対する第一印象。

 

自分のようなド素人が、ビットコインを始めるために詳しく調べてみました。

 

ビットコインの概要

①ビットコインとは?
ウォレットと呼ばれる自分専用のアドレス(電子メールのような感じ)を用いて、送金や入金を行う仮想通貨の事。

 

※ウォレットとは?ざっくり言えばビットコインの財布にあたります。

 

ウォレット(財布)には下記のような色々な形式があります。

 

・PC上の財布→デスクトップウォレット

・Web上の財布→ウェブウォレット

・スマートフォン上の財布→モバイルウォレット

・紙に印刷された財布→ペーパーウォレット

・専用財布端末→ハードウェアウォレットなど。

 

・ビットコインは、インターネット上での「取引所」で購入する事が出来、数字(電子データ)のみが存在します。

 

ドルや円といった既存の紙幣や硬貨のような実体は存在しません。購入した数字をドルや円に等の既存通貨へ交換する事ができます。

 

ここで注意するところは、EdyやSuicaなどの電子マネーと全く別物ということです。

 

あくまでも既存の通貨に近いものになります。

 

②ビットコインの管理主体はどこ?

 

既存通貨の場合、国や銀行といったようなところが厳格に管理していますが、ビットコインの場合、そのような管理主体の組織はありません。

 

インターネット上の各参加者が取引を相互に承認、監視する仕組みにより成り立っています。この仕組みをブロックチェーンと呼びます。

 

ビットコインのメリット

 

ビットコイン最大の魅力は、送金に関する圧倒的な利便性と低コストにあります。

 

例えば、友人にお金を送金したいときは、現金書留か銀行にて口座振替、口座振り込み、ネットバンクからの振り込みなど結構な労力と時間がかかります。

 

一方ビットコインは、取引所にアカウントを作成すれば、インターネット環境さえあればすぐにでも取引を始められます。

 

また、送金は時間い関係なく、国内外とわず24時間365日行う事ができ、即日着金させることができるメリットがあります。

 

手数料も、銀行では金額や送金先によって数百円~海外になると数千円かかりますが、ビットコインの場合、送金先は国内外問わず数十円程度で済むため、圧倒的にコストを抑えることができます。

 

ビットコインの危険性

 

マウントゴックス事件/2014年2月、東京に存在していたビットコインの取引所「マウントゴックス」から75万ビットコイン(約114億円)が消失した事件。

 

これは外部からのハッキングによるものや、セキュリティの甘さが指摘され、ビットコインは危険で怪しいという認識が強まりました。

 

しかし、この消失した75万ビットコインは、単なるマウントゴックスの社長が横領していた犯罪だった事が判明。

 

一時下落したビットコイン価格も今では回復していることから、ビットコインの構造には問題がなかったとことが証明されています。

 

ただし、ある程度のリスクは考慮しておく事が重要です。

ビットコインのリスク

 

取引所での横領の話しは前項で致しましたが、ビットコインでも全くリスクがないという事はありません。

 

では、どういうリスクがあるか?以下に記載します。

 

①盗 難

インターネット上の取引である以上、セキュリティに問題が出てくれば盗難されるリスクは出てきますね。

 

昨年(2016年8月)、香港の取引所がハッキングされて、顧客の12万ビットコイン(当時のレートで65億円相当)が盗難されました。

 

その後どうなったかは分かりません。興味ある方は調べてみて下さい。

 

この事件を考えると、取引所といっても完全に安全とは言えません。

 

自身のウォレットをセキュリティの高い状態にしてお保管することが、一番のリスク回避に繋がるかもしれません。

 

②価格変動のリスク

現在のビットコインは未だに過渡期にあります。なのでその価格は毎日大きく上下しています。

 

例えば、ドル円の1日の最大変動数を見た時に、大きくても1~2円くらいで、現在価格の1~2%ほどです。

 

それに対してビットコインの場合、1日に10~20%の変動が起こることも少なくありません。

 

具体的には、朝10万円だったビットコインが、夜には8万円になっていたとうことです。

 

もちろん逆パターンもありますが・・・。

 

以上をまとめると、ビットコインのリスク回避をするには、投資目的でない限り長期保有はしないと言う事です。

 

要は、決済の度に必要な数のビットコインを購入し、大きな価格変動が起こる前に使用してしまうという事ですね。

 

 

これからビットコインを始める方は、そのリスクを十分理解しておく必要があります。

 

ビットコインの始め方

 

ビットコインを始めるには以下の4つの項目から順に行います。

①アカウントの開設(取引所)
②ビットコインの購入(取引所)
③ウォレットを作成する
④取引所からウォレットへビットコインを送金する

 

①取引所でアカウントを開設する

ビットコインを購入するためには、取引所にアカウントを開設します。

 

国内の取引所はいくつかありますが、ここでご紹介する取引所は「日本で一番簡単にビットコインを買える取引所」を自負する「Coincheck」での開設手順を説明していきます。

 

手順1.「Coincheck」にアクセスします。
     https://Coincheck.com/

 

 

手順2.任意のメールアドレスとパスワードを決め、入力して「アカウント作成」をクリックします。

 

手順3.入力したメールアドレスに、メールが来ますのでその中に記載のURLをクリックします。

 

手順4.「本人確認書類を提出」をクリニックする

 

手順5.電話番号を入力し「SMSを送信する」をクリック。電話に届いた認証コードを「送信された認証コード」欄に入力したら「認証する」をクリックする。

 

手順6.「登録情報」の各欄に必要情報を入力したら「本人確認書類を提出する」をクリックします。

 

以上の手続きが終了し、本人確認書類がCoincheckに受理されたら完了です。お疲れ様でした。

 

次はいよいよ実際にビットコインを購入してみましょう!

 

②ビットコインの購入(取引所)

 

この項ではいよいよビットコインを購入します。

 

手順1.Coincheckへログインします。次に「ウォレット」を選択します。

 

手順2.サイドメニューにある「日本円/USドルを入金する」を選択します。

 

手順3.「日本円を入金」~「クイック入金」のどちらかの方法で日本円を入金。

 

※注意:Coincheckでの最低購入・送金可能ビットコインは0.01です。この後の「ステップ4」でビットコインを送金する際には「手数料」分のビットコインが必要になりますので、0.02ビットコインを購入できる金額(2017年1月現在で3,000円くらい)を入金します。

 

手順4.サイドメニューから「コインを買う」を選びます。

 

手順5.「ビットコイン」が選択された状態で「数量」に購入したい数を入力したら「購入」をクリックします。

 

「レート」とは、購入しようとしている1ビットコインあたりの価格です。「合計」はビットコインの購入に必要な日本円の金額になります。

【例1】
レート135,850 BTC / JPY
数量 0.02 BTC
合計 2,717 JPY

上記の表示の場合、135,850が1ビットコインの価格になり、それを0.02ビットコインを購入するとします。

 

そうすると、135,850×0.02=2,712となり、購入価格は2,717円必要と言う事になります。

 

手順6.画面右上に購入したビットコインの数量(0.02)が「BTC」に反映されていることを確認します。

 

以上でビットコインの購入は完了しました。次のステップでは、購入したビットコインを保管するための「ウォレット」を作成します。

 

③ウォレットを作成する

ウォレットとは、購入したビットコインを保管しておくための場所になります。

 

ビットコインは「取引所」に保管しておくこともできますが、「ビットコインの危険性」「ビットコインのリスク」の項目で説明した通り、取引所に預けておいたビットコインが、知らぬ間に消失していたしていたなどの危険もあることから、自分専用の「ウォレット」に保管しておくのが一般的です。

 

ウォレットにはいろいろな種類があります。

 

ここでは、作成が簡単で世界的に一番ポピュラーと思われるウェブウォレットの「Blockchain.info」を例にとって作成手順を説明していきます。

 

手順1:「Blockchain.info」にアクセスします。
      https://blockchain.info/ja/

 

 

手順2:ヘッダーから「財布」をクリックします。

 

手順3:「ウォレット」をクリックします。

 

手順4:メールアドレスとパスワードを入力し「続行」をクリックします。(メルアドとパスワードは任意です。)

 

手順5:「始める」クリックします。

 

手順6:先ほど入力したメルアドへ届いたメールにて、自分のウォレットIDを確認したら「はい、これが私のメールです」をクリックします。

 

以上で完了です。次に取引所からウォレットへビットコインを送金してみます。

 

④取引所からウォレットへビットコインを送金してみる

ここでは、今回購入したビットコイン(取引所にある)を、前項で作成したウォレットへ送金します。

 

手順1:「Blockchain.info」にログインし「受診」をクリックします。

 

手順2:メモ帳のマークをクリックし、ウォレットのビットコインアドレスをコピーします。

 

手順3:「Coincheck」へログインし、メニューから「コインを送る」をクリックします。

 

手順4:「宛先」にビットコインアドレスをコピペして、「金額」に送金したいビットコインの量を入力したら「送金する」をクリックします。

 

手順5:「Coincheck」からビットコインを送金するときの手数料は、一律「0.0005」ビットコインになります。例で示した1ビットコインあたりの価格が135,850 円でしたので、0.0005×135,850 =68円となり、手数料は68円になります。

世界中どこへでも68円で送金することができます。

 

送金が完了すると、取引所の「Coincheck」の画面右上のビットコイン量が送金分と手数料分が減少しています。

そして「Blockchain.info」の画面右上に送金分のビットコインが増加している事から、取引所からウォレットへビットコインの送金が完了している事がわかります。

着金完了まで少しの時間がかかることがあります。

 

ビットコインの楽しみ方

 

現在のビットコインの活用方法は限られていますが、便利で楽しい使い方がいくつかありますのでご紹介します。

 

その一つに「特徴を知っていろいろな取引所を試してみる」です。

先に説明した口座開設でもお分かりの通り、取引所はさまざまあります。

口座開設もわりと簡単でしたね。その各取引所の特徴もいろいろありますので、TPOに合わせて取引所を使い分けるやり方があります。

 

その一つに、国内最大でビットコイン取引量日本一とうたっている「bitFlyer」があります。特徴としては、ビットコインの管理が比較的安心感があります。また、買い物ついでにビットコインを貯められます。また、「bitFlyer」のアカウント同士の送金なら、手数料が無料です。

 

二つ目は「BTCBOX」です。

ここは「日本で唯一、サーバーダウンが2年以上0」をうたっています。

 

 

特徴としては、可用性が高く、スマホのアプリからでも簡単に送金ができます。またフィリピンへの海外送金が可能といったところです。いつでもどこでも取引したい時に利用できる取引所ですね。

 

その他に、同様にいろいろなウォレットを試してみたり、海外への送金やショッピングにビットコインを利用したり、少額決済や寄付にも利用できます。

また、投資目的で保有している人も増えていたりします。

 

 

ビットコインはまだまだ過渡期の通貨ですが、その魅力と可能性は大きいです。

ビットコインはこれからどんどん利用されていく事になると思います。