高度維持機能付きミニドローンHS-160を飛ばしてみた。

Holy Stone ドローン SHADOW HS160

この機種は、折り畳み式ポケットセルフィードローン 生中継可能高度維持機能 国内認証済み モード1/2自由転換可のSHADOW HS160です。

youtubeの投稿動画を見て、その簡単な操作性とスタイルが気に入り購入しました。

HS160レビュー

同梱物一覧

本体・プロポ・バッテリー×2個・充電ケーブル(USB)・説明書(日本語)・マイクロドライバー。

別売りの単三乾電池×4本をプロポにセットしたら離陸準備完了!

いざ離陸

やはりファーストフライト(?)は緊張します。

このHS-160には、●●キーがあり、それを押してプロペラが回り離陸準備に入ります。

いきなり飛ぶって事はありません。

そしてゆっくりとスロットルレバーを引き上げていくと見事、宙に浮きあがり離陸し、ホバリングを行います。

そしてスロットルレバーで前進、左右へゆっくりと移動、気持ち良いぐらいの安定感。

操作した通りに動いてくれますw

この機種はトドローンデビューの人には超おすすめです。即、楽しめますね。

HS160のメリット&デメリット

HS160のメリット

このHoly Stone ドローンHS160は簡単に操作しやすく非常に楽しめます。

価格も7,000円台後半ですが、私はアマゾンサイバーマンデーセール時に5,800円で購入する事が出来ました。

今でもセール等で6,000円台で販売しているのを見かけます。

また、4つのプロペラは部分は折りたたむことができ、本体に収納されます。

そしてこれ専用の収納ケースが標準装備されているので、気軽に持ち運べます。

スピードも3段階に変えられますので、操作になれてきたらスピードアップしてみるのも楽しいですね。

そしてこのHS160に限らずHoly Stone社のアフターの対応の良さがピカイチです。

とにかく不具合があった場合の対応が、驚く程親切丁寧でびっくりします。

不具合などないのが一番いいことですが、故障や部品の破損などがあったら即、カスタマーサポートへメール連絡する事をおすすめします。

HS160のデメリット

このHS160にはご覧の通りプロペラガードがついていません。

amazonなどでドローンと検索するとさまざまな種類のドローンがヒットします。

そのほとんどは、プロペラ回りがガードされているのものが多々あります。

しかし、このHS160はプロペラが折りたためるため、そのプロペラガードが付いていません。

なので、壁にぶつかったり墜落してしまった時など、けっこうプロペラがいっちゃってしまう事があるので要注意です。

でも、予備のプロペラが4枚付いていますけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする