糖尿病で怖いのは合併症だという事を知ってる?

糖尿病で怖いのは合併症】

糖尿病と診断されたら血管疾病に注意が必要です。

糖尿病の合併症とは、高血糖が続いてしまった結果、血管がもろくなり衰えてきます。

さらには血液の流れが悪くなり、全身の内臓や器官などに障害を来します。

これが糖尿病の合併症です。

糖尿病の合併症は2つに分けられます

①大血管症
脂質異常から心疾患を引き起こす、大きな血管に見られる症状

②細小血管症
毛細血管の衰えが原因で、眼で進行すると失明。

腎臓で進行すると人工透析といった恐ろしい障害です。

自覚症状がない状態で進行することが多いので要注意です。

糖尿病の代表的な合併症

①大血管症
・冠動脈の病気(心筋虚血)

心臓にある冠動脈が狭くなったり詰まってしまい、血液の流れが悪くなる病気。

・脳血管障害
脳内にある血管が狭くなり血液の流れが悪くなる場合と血管が破れたことにより起こる障害。

・抹消動脈の病気
悪くなる血流が止まると細胞が壊死した事により、糖尿病性壊疸になる。

②細小血管

・糖尿病網膜症
高血糖が原因。「網膜」の細い血管が損傷し、視力低下や失明も。

・糖尿病腎症
人工透析なることがあり、腎臓の血管が影響を受け機能が呈する。

糖尿病は心臓血管疾病のリスクが高い

心筋梗塞とは?

冠動脈(心臓に栄養を行きわたらせる血管)が、脂質などによって詰まってしまうことをいいます。

あるデータでは、心筋梗塞を過去に患ったことのある人と、糖尿病の患者を比較すると、冠動脈疾患死のリスクがほぼ同程度という事がわかったという事です。

そのことから、脂質異常は心筋梗塞を起こす可能性があり、その結果冠動脈疾患死にもつながりかねないということですね。

われわれ40代中年男性がもっとも気を付けなければいけない事だと思います。

脂質異常は3タイプある

①高LDLコレステロール血症

いわゆる悪玉コレステロールと呼ばれるもので、肝臓で作られたコレステロールを細胞に運ぶ役割があります。

しかし食生活などが原因でLDLが増えすぎると、血中のコレステロールが増えすぎてしまいます。

②低HDLコレステロール血症

善玉コレステロールと呼ばれ、余分なコレステロールを回収する働きがあり、HDLが少なくなるとコレステロールの回収ができなくなり、血中コレステロールが増えすぎてしまいます。

③高トリグリセライド血症

血液の中のトリグリセライド(中性脂肪)が高いと、HDL(善玉コレステロール)が減少して、悪玉コレステロールの性質を悪くすることから、動脈硬化が進みます。

※この3つの脂質異常の中でも、特に高LDLコレステロール血症は要注意!です!
心疾患のリスクを高める原因は、LDLコレステロールにあるからです。

<ポイント!>糖尿病の患者さんは高コレステロールになりやすい

糖尿病の患者さんは、コレステロールの小腸での吸収が高まったいる可能性があるため、高コレステロールになりやすい傾向があります。

食べ物のコレステロールを小腸で吸収しやすくなるので、血中にLDLコレステロールが増えます。

そのため大血管症になりやすいと言われています。

脂質コントロール3つの対策

脂質異常の改善には3つのアプローチがあります。

それは、食事・運動・薬です。

①食事:野菜・豆・魚を食べる。

40代中年男が好む肉類は動物性脂肪になるため脂質異常の原因になります。

血液の流れを良くする抗酸化作用は、野菜を多く摂取しつつたんぱく質を豆や魚から取ることで、血管が健康になります。

②運動:有酸素運動を取り入れる事で、血液中の中性脂肪などが使われることにより脂質異常の改善につながります。

ウォーキングや水泳などがおすすめです。

③薬を処方してもらう:例えば動脈硬化などが進行している場合、薬による素早い対策が必要になってきます。この辺は、医師の指示に従いながら脂質コントロールを行いましょう。

※コレステロールの目標値
・LDLコレステロール:120mg/dl未満
・HDLコレステロール:40mg/dl以上
・トリグリセライド:150mg/dl未満
(中性脂肪)

細小血管症の症状と対策

※すべて医師の指導の元に行うのが前提です。

糖尿病歴が長い人は、血糖コントロールしていても合併症の可能性が高くなります。

合併症の主な危険因子は、血糖値・糖尿病歴・血圧などがあげられます。

糖尿病歴が長い人は、血糖コントロールをしていても血管が衰えているの状態の可能性があるので、発症しやすくなります。

また、自覚症状がほとんどあらわれない初期~中期の糖尿病網膜症では、気付かないまま病気が進行するケースがあります。

まずは医師の診断を受け、適切な処置を行い定期的な検査を受けるように心がけましょう。

まとめ

糖尿病の合併症を防ぐ4つの生活習慣。

①1日3食規則正しい食事
安定した血糖を目指すため、欠食などはしないように食事は毎日同じ時間に摂るようにしましょう。また、夜9時以降の食事はなるべく避け、食べるときはよく噛んで食べることを心がけましょう。

②多めの食物繊維を摂る
血糖値の急上昇を防ぐため、食事の最初に食物繊維が多く含まれている野菜などを食べるように心がけましょう。

1日350g以上摂るのが理想です。

③アルコール・甘いもの・塩分はNG
お酒はできるだけ適量を意識し、お菓子や清涼飲料水は血糖値を上昇させてしまうので控えるようにし、塩分は血圧をあげてしまうので減塩を心がけましょう。

④階段の利用&歩く時間を増やす
歩く時間を今より増やし、階段を利用することで体が動き有酸素運動になります。

有酸素運動は血糖値の改善に働くので、習慣化したいものです。3週間続けられれば習慣化できるとい説もありますね。

以上のことから、合併症を発症させないため、あるいは進行を最小限に食い止めるために適切な血糖コントロールと、生活習慣の見直しをはかりつつ、医師の指導の基に取り組んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする